お取引開始はこちらから

▼利用者のお客様

[利用者用]電子証明書方式ログオン

[利用者用]IDパスワード方式ログオン


▼管理者のお客様

[管理者用]電子証明書方式ログオン

[管理者用]IDパスワード方式ログオン

開通確認を行う場合は、管理者用のIDパスワード方式よりログオンしてください。


バンキングQ&A


セキュリティについて


Q:インターネット上のセキュリティが心配なのですが?

A:本サービスでは、以下の6点のセキュリティ対策をおこなっておりますので、安心してお取り引きしていただけます。

1.ご契約先IDと利用者IDでお客様を特定

ご契約先IDとは、本サービスをご利用の都度、確認させていただく11桁の番号です。口座番号とは別のお客様固有の番号であり、この番号によりお客様を特定いたします。また、利用者IDとはお客様の各利用者ごとに設定していただく半角英数字1〜30文字の番号であり、この番号によりお客様の各利用者を特定いたします。

2.6つの暗証番号を確認

本サービスをご利用いただく際には、お取引の内容に応じて、以下の暗証番号を入力していただき認証を行います。

(1)ご契約先登録用暗証番号(ご契約先管理者が初回にログオンする時の暗証番号)

(2)ご契約先暗証番号(ご契約先管理者が通常ログオンする時の暗証番号)

(3)ご契約先確認暗証番号(ご契約先管理者が行なう取引に対する確認用暗証番号)

(4)利用者暗証番号(ご契約先管理者が任命した利用者が通常ログオンする時の暗証番号)

(5)利用者確認暗証番号(ご契約先管理者が任命した利用者が行なう取引に対する確認用暗証番号)

(6)ワンタイムパスワード(ご契約先管理者が初回または通常ログオンする時の可変暗証番号)

3.128ビットSSLの暗号通信方式を採用

SSLとは、インターネット上でデータ通信を行う際に利用される暗号通信方法の1つです。本サービスでは、そのなかでも、現時点でもっとも解読が困難といわれている128ビットのSSL方式を採用しておりますので、インターネット上でのお客様との情報のやりとりは安全に行われます。

4.Eメール通知機能を採用

ご契約先情報の変更などセキュリティにかかわる操作がなされた場合、登録されているEメールアドレスへ操作が行われたことを通知するEメールを送信いたします。

5.自動終了方式を採用

一定時間以上、端末の操作をされずに放置されますと、自動的にシステムを終了させていただく「自動終了方式」を採用しています。

6.電子証明書方式を採用

更にセキュリティを高めたいお客様には、電子証明書方式をご利用いただけます。電子証明書については法人インターネットバンキングQ&A「電子証明書について」をご参照ください。


Q:「お客様カード」とは何ですか?
A: 本サービスをご利用いただく際に、お客様の本人確認のために使用する専用のカードです。お客様の大切な情報を守るために最新のセキュリティ方式であるワンタイムパスワードを採用しています。
ワンタイムパスワードは、お取引ごと毎回変わる4桁の数字で、「お客様カード」の裏面をご確認のうえお取引をしていただきます。

Q:利用者ごとに権限を設定することは可能ですか?
A:各利用者ごとに、業務権限、利用限度額を設定することができます。

Q:暗証番号を忘れてしまった場合はどうすればいいのですか?
A:お客様の大切な情報を守るため、当金庫では、お客様の「パスワード」をお調べできない仕組みになっています。利用者の方が暗証番号を忘れてしまった場合は、管理者メニューからパスワードを再度設定し直してください。管理者の方が暗証番号を忘れてしまった場合は当金庫の担当窓口(0577-32-8281)までお問い合わせください。

Q:お客様カードを紛失した場合はどうすればいいのですか?
A: 速やかにお取引店または本サービス担当窓口(0577-32-8281)にご連絡ください。ご連絡があり次第、そのカードの情報が使われないように手続きいたします。

Q:間違った暗証番号を連続して入力した場合はどうなりますか?
A: 利用者の方が各種暗証番号を7回連続して間違って入力した場合、セキュリティのため、当該利用者の方のサービスを停止いたします。再びサービスを開始する場合は、管理者メニューから当該利用者の方の利用中止解除を行ってください。
管理者の方が管理者用の各種暗証番号を7回連続して間違って入力した場合、セキュリティのため、お客様の管理者の方と全ての利用者の方のサービスを停止いたします。再びサービスを開始する場合は、当金庫の担当窓口(0577-32-8281)までお問合せください。

Q:利用者の暗証番号と確認暗証番号は同じものでもいいのですか?
A:セキュリティのため、暗証番号と確認暗証番号は異なる番号としてください。