基本方針・取り組み

一般事業主行動計画

当金庫では、職員が仕事と子育てを両立することができる『働きやすい職場環境』をつくることによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、および地域に対する次世代育成支援のため、次世代育成支援対策推進法に基づき、次のように「一般事業主行動計画」を策定いたしました。

計画期間:平成29年4月1日~平成32年3月31日までの3年間

イメージ:一般事業主行動計画
 

内容

 
目標 1 女性管理職候補者の育成のための取組の実施。
女性管理職候補者育成のための外部研修派遣及び金庫内研修の実施。
対策
  • 【平成29年5月~】研修の計画。
  • 【平成29年9月~】外部研修派遣、庫内研修実施。
目標 2 結婚、妊娠、育児、介護等を理由に退職した職員を対象とした再雇用制度の制定。
対策
  • 【平成29年4月~】再雇用制度の検討開始。
  • 【平成29年6月~】再雇用制度の規程制定、職員への周知の実施。
目標 3 所定外労働を削減するため、「ノー残業デー」「ノー残業ウイーク」を実施する。
対策
  • 【平成29年4月~】ノー残業デーの実施。ノー残業ウイークの検討。
  • 【平成29年5月~】実施状況を確認し、職員へ通達にて周知。
  • 【平成29年8月~】ノー残業ウイーク実施。
目標 4 学生のインターンシップの受け入れを行う。
対策
  • 【平成29年4月~】受け入れ計画の策定。
  • 【平成29年6月~】学校及び岐阜県インターンシップ協議会との連携。
  • 【平成29年8月~】インターンシップ学生受け入れ。
 

結果について(計画期間:平成27年4月1日~平成29年3月31日)

 
目標 1 妊娠中の女性職員の母性健康管理についてのパンフレットを作成して職員に配布し、制度の周知を図る。
結果 妊娠中の女性職員の母性健康管理についての制度周知を目的に次の2項目を実施いたしました。
①育児・介護休業制度の周知を図ることを目的に、職員へのアンケート調査を実施いたしました。
②母性健康管理等のパンフレットを作成中。平成29年4月には職員へ配布し周知いたします。
目標 2 所定外労働を削減するため、「ノー残業デー」を実施する。
結果 業績評価の項目とし、毎月実施状況を確認、取得推進を図りました。
目標 3 計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準以上にする。
男性職員…計画期間中に1人以上取得すること。
女性職員…取得率を80%以上にすること。
結果 女性職員…取得率100%
女性職員の取得率は達成しましたが、男性職員の取得者は0名となり達成できませんでした。
育児休業取得率向上のための施策として次の2項目を実施致しました。
①育児・介護休業制度の周知を図ることを目的に、職員へのアンケート調査を実施いたしました。
②育児介護休業制度を分かりやすく説明したパンフレットを作成中、平成29年4月に職員に配布し周知いたします(目標1のパンフレット兼用)。
目標 4 中学生、高校生または大学生のインターンシップの受け入れを行う。
結果 大学生8名、高校生4名、中学生5名の受入を行い、大学生は5日間、高校生、中学生は3日間のインターンシップ、職場体験を実施いたしました。