採用情報

駅西支店 木本めぐみ

駅西支店 木本めぐみ
 

たかしんに就職した理由

 

たかしんに就職した理由

私は、大学進学で4年間地元を離れていました。

就職活動の際、私たちの生活に欠かすことのできない“お金”を取扱い、様々な人の暮らしをサポートできる金融の仕事に興味を持ちました。

その中でも、地域と支え合う相互扶助の精神やお客様と長期的なお付き合いができる「高山信用金庫」の仕事に魅力を感じ志望しました。

 

仕事について

 

仕事について

金融機関は窓口に座っているテラーのイメージが強いかもしれませんが、後方にも様々な仕事があり私は出納係を担当しています。どんな仕事でも最初は誰でも戸惑うと思いますが、始めの頃はミスばかりで仕事の流れを掴むのが大変でした。
しかし、先輩からのアドバイスを元に仕事に優先順位を付けたり、自分の1日ごとの仕事をしっかり管理することでミスを徐々に減らしていくことが出来ています。

「金融機関=堅い仕事」のイメージがあると思います。まったくその通りでお客様の大切なお金を取扱うことは正確さが必要とされます。
しかしそれ以上に地域に密着し高山の皆さんの暮らしをサポートする温かさも大切だと今まで働いて来て実感しました。

現在、後方で働いていますが全てのお客様に気持ち良く駅西支店を利用して頂くため、挨拶や伝票の管理など細かな事からしっかりと気配りができるよう心がけています。

 

就活へのアドバイス

 

就活へのアドバイス

就職活動は本当に大変で、私もたくさん考え、時間を使いました。自分についてこんなに考える時間はこれからほとんど無いと思います。時間は沢山あります。

様々な場所へ足を運び、沢山の人に出会うことで自分のやりたいことが見えてくると思います。悔いの無いよう自分と向かい合って下さい。