基本方針・取り組み

一般事業主行動計画

当金庫では、職員が仕事と子育てを両立することができる『働きやすい職場環境』をつくることによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、および地域に対する次世代育成支援のため、次世代育成支援対策推進法に基づき、次のように「一般事業主行動計画」を策定いたしました。

計画期間:2020年4月1日~2023年3月31日までの3年間

イメージ:一般事業主行動計画
 

内容

 
目標 1 年次有給休暇の取得率60%以上をめざす。
対策
  • 【2020年4月~】年次有給休暇の計画的な取得を推進する。
    年次有給休暇取得推進を図るため定期的に取得状況を職員に周知します。
目標 2 計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準以上にする。
男性職員・・・取得率を10%以上にすること。
女性職員・・・取得率を90%以上にすること。
対策
  • 【2020年4月~】育児休業取得推進を図るため就業規則の改訂等を実施する。
  • 【2020年5月~】育児休業取得推進を図るため、対象の職員とその管理者に、育児関連制度等の周知を図ります。
目標 3 学生のインターンシップの受け入れを行う。
対策
  • 【2020年4月~】受け入れ計画の策定。
  • 【2020年6月~】学校及び岐阜県インターンシップ協議会との連携。
  • 【2020年8月~】インターンシップ学生受け入れ。
 

結果について(計画期間:2017年4月1日~2020年3月31日)

 
目標 1 女性管理職候補者の育成のための取組の実施
女性管理職候補者育成のための外部研修派遣及び金庫内研修の実施
結果 外部派遣研修4回、金庫内研修8回実施いたしました。
目標 2 結婚、妊娠、育児、介護等を理由に退職した職員を対象とした再雇用制度の制定
結果 ジョブ・リターン制度規程(結婚、妊娠、育児、介護その他の家庭の事情により退職した職員を対象とした再雇用制度)を制定いたしました。
目標 3 所定外労働を削減するため、「ノー残業デー」「ノー残業ウィーク」を実施する。
結果 ノー残業デーは毎月実施状況を確認し取得推進を図りました。
ノー残業ウィークは年1回実施(最終年度は年2回)しました。
目標 4 学生のインターンシップの受け入れを行う。
結果 大学生9名、高校生10名、中学生3名の受入を行い、大学生は5日間、高校生、中学生は2~3日間のインターンシップ、職場体験を実施いたしました。

(2020年4月1日現在)

ページの先頭へ戻る