採用情報

岡本支店 清水健一郎

岡本支店 清水健一郎
 

たかしんに就職した理由

 

たかしんに就職した理由

私が大学生4年生の頃(約21年前)はバブル崩壊後の就職氷河期でした。
当時、商学部に在籍していたので勉強したことを生かせるのは金融機関であると漠然と考えていました。しかし岐阜県内の金融機関数社のセミナーや企業訪問門に参加する中で「株式会社じゃない協同組織である信用金庫」の魅力に惹かれました。
そして信用金庫の理念である「中小企業の健全な発展」「豊かな国民生活の実現」「地域社会繁栄への奉仕」を地元の飛騨地域で実践している「たかしん」に就職しようと決心しました。

 

現在の仕事内容

 

現在の仕事内容

現在は岡本支店で支店長をさせて頂いています。営業店の業務は主に「融資業務・預金業務・為替業務・預り資産業務」など多くあります。
これらの業務について最適な運営方針と行動方針を立てて同僚たちと実行していくのが自分の仕事ですが、まだまだ勉強不足であると感じています。

 

仕事において、特に心掛けていること、大切にしていること

 

現在の支店は支店長として3店舗目になりますが、これまでに多くの失敗をしました。
しかし当時のお客様や同僚である上司や部下達にはたくさん助けて頂きました。信用金庫の業務は1人で完結するものは一つもありません。そのため、お客様や同僚たちへの感謝を忘れることなく仕事に取り組むことが最も大切であると考えています。

 

就活へのアドバイス

 

就活へのアドバイス

最近ではITやAIの発達によって縮小していくと言われる職種の一つに金融機関が上げられます。しかし信用金庫のメインの仕事は、お客様と直接お話をして、
①お客様の「悩みと不安」を金融を通じて解決していくこと。
②お客様の「将来への希望」を金融を通じて叶えることだと思います。
いかに技術が発達しようと直接お客様と触れ合うことの大切さは無くなりません。これは信用金庫の大きな強みです。そのため地元飛騨の為に働きたいという皆様の就職活動先の選択肢として「たかしん」は十分に魅力のある企業だと思います。

ページの先頭へ戻る