更新情報

更新情報 詳細

>>更新情報一覧に戻る

 

東日本大震災復興支援預金

 

平成23年3月11日に発生した「東日本大震災」において多くの方々が被災し、私達が未だかつて経験したことがない甚大な被害が発生しています。その復興に必要な費用は、一部の試算で20兆円とも30兆円とも言われ、膨大な資金と気が遠くなるほどの歳月が掛かるものと推測されます。
現段階で日本赤十字社と社会福祉法人中央共同募金会に寄せられた義援金は2,500億円を超えたと伝えられておりますが、復興に必要な資金には程遠いのが現状です。
この様な状況を鑑み、当金庫では企業の社会的責任を果し、この度の震災により被害を受けた方々、また被災地の復興支援を目的に、当金庫にお預け頂いた定期預金の獲得金額ならびに定期積金の獲得契約額に応じて義援金を支払う新商品を発売いたします。

あなたの預金が被災地の復興を応援

イメージ:東日本大震災支援預金

あなたの預金が被災地の復興を応援します。
定期預金「とどけ飛騨人の想い」・定期積金「つなげ支援の輪」販売額の0.05%相当額を「たかしん」が日本赤十字社を通じて被災地の復興支援に充てさせて頂きます。

義援金総額が
5,157,181円集まりました。

詳しくはこちら
 

ページの先頭へ戻る